台湾入国時、パスポートの残存有効期間が2017年8月15日から「滞在日数以上」に変更になりましたよ

スポンサーリンク

日本パスポート 台湾入国書類

2017年8月15日から、日本人の入国条件が緩和

2017年8月15日から、中華民国外交部より、日本人の入国条件が緩和されました。

>中華民国外交部:記者発表内容(中国語)

また、台北駐日経済文化代表処(台湾の大使館に相当する機関)でも、このような記事が掲載されましたよ。

訪台日本人への優遇措置、旅券残存期間が滞在日数以上に

従来は、3ヶ月以上の残存が必要

従来は台湾入国時に、「3ヶ月以上」のパスポート有効残存が必要でした。

3ヶ月を切ってしまった場合は、緊急ビザの発給を受ける必要がありましたが、今後、観光の場合は不要になります。

気軽に台湾旅行へ

旅行の手配はしたけれど、パスポートの残存有効期限(3か月以上)が足りなかったから旅行を断念!ということにならなそうですね。

パスポートの有効期限ギリギリまで使用できます

安心して台湾旅行の計画が立てられますね。

台湾旅行の航空券を予約サイトで検索してみる
>>H.I.S. 台湾旅行
>>【JTB】台湾ツアー
>>【エアトリ】台湾ツアー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました